涙袋を美容クリニックで簡単に作りたいんだけど、新宿でいいクリニックないかな?

 

新宿にはたくさん美容クリニックがあるので、どうせなら安くて評判のいいとこがいいですよね!

 

そこで新宿で涙袋整形、とくにお手軽なヒアルロン酸注入で涙袋ができる美容クリニックのおすすめを5院紹介しています。

 

  • 新宿で涙袋整形がおすすめの美容クリニック5選
  • プチ整形による涙袋形成
  • 涙袋形成をする時の注意

 

他にもこれらの涙袋形成に関することを紹介しています。

 

新宿で涙袋整形がおすすめの美容クリニック5選

品川美容外科

新宿で涙袋整形|おすすめ美容外科&美容皮膚科5選

 

品川美容外科では涙袋整形に使うヒアルロン酸を2種類から選べます。

 

どちらも安いんですが、当日入会で割引適用されるBMC会員になればなんと20%OFFで利用できますよ。

 

他の施術にももちろん使えるので、色々試してみたい方は是非!

 

涙袋整形の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 片側 40,900円〜

 

品川美容外科 新宿院の詳細

東京都渋谷区代々木2-9-2 久保ビル6F

 

【電話番号】
0120-614-900
【アクセス】
JR新宿駅 「南口」徒歩約4分
【診療時間】
10:00〜20:00

 

 

 

 

 

 

湘南美容クリニック

新宿で涙袋整形|おすすめ美容外科&美容皮膚科5選

 

湘南美容クリニックでも涙袋に使えるヒアルロン酸は2種類そろえています。

 

さらに0.3ccから購入できるのでムダがなくて経済的ですね(控えめに入れるなら片目0.2ccが目安)。

 

もし余っても唇や頬などに注入してもらえますよ。

 

涙袋整形の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 0.3cc 18,330円〜

 

湘南美容クリニック 新宿本院の詳細

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F

 

【電話番号】
0120-5489-40
【アクセス】
JR新宿駅西口徒歩10分
東京メトロ丸の内線西新宿駅直結
都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分
【診療時間】
10:00〜19:00

 

湘南美容クリニック 新宿南口院の詳細

東京都新宿区新宿4丁目2-23 新四curumuビル6階

 

【電話番号】
0120-955-577
【アクセス】
新宿三丁目駅 徒歩1分
JR新宿駅新南改札 徒歩4分
JR新宿駅東南口 徒歩5分
【診療時間】
10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

東京美容外科

新宿で涙袋整形|おすすめ美容外科&美容皮膚科5選

 

東京美容外科では1本35,000円〜100,000円までなんと5種類のヒアルロン酸を取り扱っています。

 

また、初回のみ1本22,000円でお試しもできるので、効果が心配な方は利用してもいいですね。

 

一度注入した後も1ヶ月未満なら使用した薬剤の半額料金でリタッチ(修正)もできますよ。

 

涙袋整形の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 1本 35,000円〜

 

東京美容外科 新宿院の詳細

新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F

 

【電話番号】
0120-658-958
【アクセス】
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」徒歩30秒
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」徒歩5分
【診療時間】
10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

もとび美容外科クリニック

新宿で涙袋整形|おすすめ美容外科&美容皮膚科5選

 

もとび美容外科クリニックでは1ヶ月間ヒアルロン酸の取り置きができます。

 

(余ったヒアルロン酸を追加で注入する場合は再注入料9,800円、別の場所に打つ場合はさらに19,800円必要です)

 

涙袋整形の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 49,800円

 

もとび美容外科クリニックの詳細

東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル10階

 

【電話番号】
0120-19-6102
【アクセス】
JR「新宿駅」西口から徒歩6分
【診療時間】
10:00〜19:00
(水曜休診)

 

 

 

 

 

 

新宿美容外科クリニック

新宿で涙袋整形|おすすめ美容外科&美容皮膚科5選

 

新宿美容外科クリニックでも複数のヒアルロン酸を取り扱っていますが、涙袋に使える「ハイアルデュー」は0.1ccから購入できます。

 

控えめに入れて様子を見たい方にはとても使いやすい料金ですし、もし余っても唇に使えますよ。

 

涙袋整形の料金(税抜)
ヒアルロン酸注入 0.1cc 9,000円〜

 

新宿美容外科クリニック 新宿院の詳細

東京都新宿区新宿4-3-22 安藤ビル3F

 

【電話番号】
0120-4390-17
【アクセス】
JR「新宿駅」東南口徒歩2分
都営新宿線「新宿三丁目駅」徒歩1分
【診療時間】
月〜金 10:00〜20:00
土・日・祝 10:00〜19:00

 

 

 

プチ整形による涙袋形成

プチ整形と言えばヒアルロン酸注入と言っても過言ではないくらい、色々な部分の整形にヒアルロン酸は使われています。

 

他の施術に比べて低価格、ダウンタイムが要らないなどメリットも多く、涙袋形成でも主流の施術法です。

 

ヒアルロン酸注入のメリット

  • 施術時間が短い

 

施術時間は5分程度です。

 

  • メスを使わない

 

抜糸の必要がありませんし、腫れも起きにくいのでダウンタイムがいりません。

 

ヒアルロン酸は注射器を使って注入するため傷跡は注射針の跡だけなので、体への負担も少ないのが特徴です。

  • アレルギーが起こりにくい

 

ヒアルロン酸は人体に存在する成分なので、アレルギーの心配もほとんどありません。

 

  • 注入直後から普段通りの生活ができる

 

メスを使わないので傷跡も残らないし、抜糸の必要もないのでメイクや洗顔もいつも通りできます。

 

  • 修正ができる

 

ヒアルロン酸はしばらくすると体に吸収されて無くなってしまいます。

 

「仕上がりが気に入らない」「やってみたけど涙袋はない方が良い」と思ったとしても時間が経てば元に戻るということです。

 

もし今すぐ修正したいと思ったら、ヒアルロン酸溶解注射というもので分解吸収を早くすることもできます。

 

※ただし溶解注射に使われているヒアルロニダーゼという薬剤はアレルギーを起こす方もいるので注意が必要です。

 

ヒアルロン酸注入以外の涙袋形成

脂肪注入

ヒアルロン酸のように体に吸収されることがないため、何度も注入するのが面倒と感じる方には良い方法かもしれません。

 

ただし注入用の脂肪を自分のお腹から脂肪吸引で採取する必要があるので、採取費用が加算されて高額になってしまいます。

 

他にも少量の脂肪を均等に注入するのは高い技術が必要ですし、生着する脂肪の量の予測が難しいこともあり、凸凹ができやすい施術方法です。

 

修正のため脂肪を取り除くには切開手術しかありません。

 

プロテーゼ挿入

目頭と目尻を数ミリずつ切開して、涙袋用のシリコンプロテーゼを挿入し、糸で固定します。

 

外科的治療法

下まぶたの筋肉を目尻から引っ張り上げることで涙袋を強調する方法です。

 

同時に筋膜や脂肪を移植することで涙袋を強調することもできます。

 

抜糸までには1週間ほどかかります。

涙袋形成をする時の注意

目の下のたるみが酷くなった

目の下にたるみがある人は、ヒアルロン酸注入をして涙袋を作ろうとしても上手くいきません。

 

このたるみは目袋と呼ばれ、目玉の下にある脂肪が押し出されて前へ突出している状態です。

 

涙袋:

まつ毛の生え際付近の膨らみを涙袋と言います。
涙袋は無表情でも元々ある方と、笑ったときのみ出てくる方がいます。
目の下の目袋と言われる膨らみが強くなってくるとだんだん見えづらくなってきます。

 

目袋:
目の下の膨らみのことを目袋と言います。涙袋とは区別されます。
目袋は主に、眼窩脂肪という脂肪が前に出てきて作られていることが多いです。
その他、皮膚のゆるみでも目袋の状態になることもあります。

引用:目の下のクマ・たるみ治療検討お役立ちブログ 監修:プラストクリニック

 

目の下のたるみ・目袋が目立つ人は、まずこの部分の脂肪を取り除き、その後ヒアルロン酸注入をすることをお勧めします。

 

中には脂肪で埋もれていた涙袋が、脂肪切除をすることで自然に浮き上がってくる方もいるんですよ。

 

内出血が起きた

注入の時に注射針で血管を傷つけてしまうことがあります。

 

内出血はだいたい1週間くらいで消えるので、触りすぎないように注意しながら自然に治るのを待ちましょう。

 

よほどひどいものでなければメイクで隠すことが可能です。

 

マイクロカニューレという毛細血管を傷つけにくい針もありますので、気になる方は医師に相談してみてください。

 

施術後に変化がない

芸能人の真似をしてヒアルロン酸を入れすぎたため不自然な涙袋になってしまう方もいますが、逆に少なすぎて効果がないと言った方もいます。

 

しかし少なければ再注入して希望通りの大きさにすることは可能です。

 

むしろ最初から欲張って大量に注入してしまうより、控えめにしておくことを勧める医師も多くいます。

 

他にもヒアルロン酸の種類によっては思っていた効果が得られなかったというケースもあります。

 

医師の技術や知識が不足していた

注射器でヒアルロン酸を注入するだけならどんな医師がやっても同じ、と言うものではないんです。

 

技術や知識が不足した医師だと患者さんの希望に沿えないどころか重篤な事故にもつながります。

 

重要な血管にヒアルロン酸を注入してしまったことで血流が止まり、皮膚が壊死したり失明したという事故が起こっています。

 

クリニックの公式サイトには症例写真を掲載しているところが多くあります。

 

カウンセリングを受ける前に、どの医師がどんな施術をしたかの確認しておくといいでしょう。

ページの先頭へ戻る